ひき肉は貧乏飯に最適❣ミートボール(ミニハンバーグ)がうまい❣

 貧乏、アラフィフ親と同居のシングルマザーです。そんな貧乏人にもおすすめの食材は、やっぱりひき肉です!

ひき肉って、バラ肉やしゃぶしゃぶ用の薄切り肉などと比べて安いし、値段の割に量もけっこー入ってる❣使えます!!

餃子やハンバーグ、炒め物などバリエーション豊富に使えますが、餃子はめんどくさすぎる💦包むのとか無理(;・∀・)

というわけで、やっぱり、料理下手&ガサツな私には、ハンバーグです!!

簡単!ガサツ料理!下手レシピ!ケチャップと醤油で節約ハンバーグ!


では、とっても簡単なミニミニハンバーグの作り方です。




このように小さな俵型のハンバーグをたくさん作ることで、子供や家族と分けて食べられるのがいいです。

食べ切れなければ取っておいて明日の朝ごはんでもいいしね。

というわけで、ひとつ大きなハンバーグを作るより、ミニハンバーグが節約レシピにはおすすめなんです。

ちなみに、俵型のミニハンバーグではなく、コロコロに丸めてミートボールにしてもいいですよ!

では材料と作り方です。

ひき肉で簡単!節約ミニハンバーグ!の貧乏レシピ(約2人分)


材料は、

  • ひき肉(200g程度)
  • ネギ(半分〜一本)みじん切り
  • 生姜のすりおろし(小さじ1〜2程度)
  • にんにくのすりおろし(小さじ1〜2程度)
  • 醤油大さじ1〜2
  • ケチャップ大さじ2〜3
です。

以下、作り方です。

  1. ひき肉にネギのみじん切りを混ぜ、生姜、にんにくのすりおろしも混ぜ、よく手でもみ合わせる
  2. 好みで潮胡椒を混ぜ、更によくもみ合わせる
  3. 固い場合は、水を少し足しても良い(豆腐を入れても柔らかくなる)
  4. 粘りが出てきたら、小さな俵型に掌で整え、ひとつずつ油を引いたフライパンに並べる。
  5. 両面をこんがり焼き、蓋をして弱〜中火で5分ほど蒸し焼きにしたら、ハンバーグは出来上がり。

ソースの作り方

  1. ハンバーグを取り出したフライパンに残った肉汁に、ケチャップを足す。
  2. 醤油も足し、軽く混ぜ、弱火で少しふつふつとしたら火をとめてできあがり。
  3. ハンバーグにかけて頂く

これだけです。


どお?けっこう美味しそうじゃないですか??

欠点は、ひき肉とネギくらいしか使ってないので、すこしパサパサした感じになります。

しっとりしたハンバーグ生地が好きなかたは、卵など加えるとよいかもしれません。

個人的には、豆腐を加えるのが好きです。ぐじゃっと潰して適当にひき肉に混ぜ込めば、しっとり感も出ます。

また、ネギのかわりに玉ねぎのみじん切りでももちろん、全く問題ありません!

以上、とても簡単なひき肉のレシピでした。

ひき肉は、いつでも買えるし、とてもリーズナブルな食材です。

今回、200g程度ちょっとのひき肉が、割引が入って200円ほどで買えました。

ひき肉は、わりと割引になりやすいのもありがたいです。賞味期限が当日のものが狙い目。

そして、とても簡単なのもいいです。ハンバーグなんて、ひき肉と玉ねぎ(ネギ)を混ぜてこねてから焼くだけですからね!

また、火の通りが早いのもメリットですね。今すぐ食べたいときや忙しいときでも15分もあれば作れますからね。

ちなみに今回は、子供のお稽古が午後7時過ぎてしまい、急いで帰宅して作ったものでした。

なんとか7時半には夕飯を間に合わせることができました。

余ったケチャップ、にんにく、生姜は、また別の料理にも使えて経済的です。

実質、ひき肉200円ほどと、家に余ってたネギの代金(4本100円)くらいしかかかってませんからね。

今後も、貧乏人おすすめの節約レシピを思いついたらメモします!







コメント

このブログの人気の投稿

米粉パンケーキは美味しくない?小麦アレルギーにおすすめ!業務スーパーの材料で作れる簡単な作り方は?

高倉町珈琲は高い?パンケーキは生焼けでまずい?

お弁当の仕切りがないとき代用カップの作り方!